トップギアはBSフジで毎週日曜深夜 好評放送中
放送時間はBSフジHPをチェック!


最新号
Top Gear
SERIES 22
6月25日発売!!
ローチケHMV
でもご購入いただけます





Top Gear The Great Adventures

Top Gear Great Adventures1
Polar Special

Top Gear Great Adventures1
US Special

Top Gear Great Adventures2
BOTSWANA Special

Top Gear Great Adventures2
VIETNAM Special

Top Gear Great Adventures3
Top Gear Great Adventures4
Top Gear Great Adventures5





Top Gear TV Series

Top Gear Series 19
Top Gear Series 20
Top Gear Series 21




Top Gear The Challenges

Top Gear Challenges1
Top Gear Challenges2
Top Gear Challenges3
Top Gear Challenges4

Top Gear Challenges5\
Top Gear Challenges6






イギリスBBCで1977年にスタートしてから35年以上経った今も高い人気を誇る、自動車情報番組「Top Gear」。スーパーカーからコンパクトカーまで、車のことなら何でも扱うバラエティ豊か、かつ強烈なユーモア溢れる内容は前代未聞。
中でも、「車を使った実験」コーナーは番組の目玉の一つ。司会のジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェイムズ・メイが、車の本質、真髄、深淵、車のむこう側に少しでも近付こうと、あの手この手で車に挑む。
今回、そんな彼らの無謀すぎるチャレンジシリーズをDVD化! 車と男たちによる過激で笑える挑戦の数々を、その目に焼きつけろ!



 

 ウィットに富んだジョークと辛口のコメントが持ち味のMr.トップギア-番組の顔である。
彼が最初にトップギアに登場した時、彼のスタイルが現代のモータリング・ジャーナリズムを変えたといっても過言ではないだろう。彼は、人々はコンプレッション・レシオやタイヤの大きさなどのスペックよりも、その車が持ち主のライフスタイルを向上させるものか、その車に走らせたら世間がどう思うか(女性にモテるか、モテないか)ということにもっと興味があるということに気づいていた。2002年に新シリーズとしてもどってきた『TopGear』は、彼のその哲学を踏襲、ロケットエンジンを加えて走り出した。
 彼の車歴となると、まさに有言実行といえる。ここ数年彼のガレージは、フォード・エスコートRSコスワース、フェラーリF355、メルセデスSL55 AMG、フォードGT、ランボルギーニ・ガヤルドスパイダーなど様々な外車でにぎわっている。
 男性向け自動車番組とソフト・ポルノをうまく組み合わせたケーブルテレビの番組から『TopGear』がリチャードを獲得してからというもの、リチャードは番組に欠かせない存在になった。彼はまぎれもない自動車狂で、まっすぐで前向きな情熱(ちなみに、他の二人にはない・・)とへなちょこな度胸がブレンドされた独特のカラーを番組にもたらしている。
リチャードの車の趣味は“ランド”そして“ローバー”という二つの言葉で言い表すことができるが、番組のロケで訪れたボツワナから“養子?”にし、英国に連れ帰った「オリバー」ことオペル・カデットのオーナーであることも彼の自慢である。

 番組の名物プレゼンターの一人。彼は、正式な車のジャーナリストであるとともにピアニスト、そしてパイロットでもある。
 2003年にトップギアチームに仲間入りし、番組に新しい要素を吹き込んだが、ついたニックネームがなぜか「キャプテン・スロー(のろまなキャプテン)」。その理由は、他の二人のプレゼンター、ジェレミーやリチャードのように、まるでポケットにスズメバチでも入っているかのようにあちこち走り回る、というタイプではないからだ。
  ジェームスの好きな車は、とてつもなく大きくて贅沢なランドヨットか、小さなスーパーミニと非常に極端。自宅にはロールスロイスとフィアット・パンダ、ポルシェ・ボクスターを持っている。ボクスターに関しては、茶色のルーフ・茶色のシート・茶色のハンドルのおかげで運転していると、まるで巨大なローファーにすわっているように見えるが、不思議なことにこれがやけにハマっている。
 謎のドライバー「スティグ」。番組に欠かせない存在なのだが、誰もヘルメットの下を見たことがない。
  2008年11月1~7日号の英国のテレビガイド誌「ラジオタイムス」に“Going On a Stig Hunt”という特集記事が掲載されるくらい、ミステリアスな人気者だ。「ラジオタイムス」の記事によると、番組に出演したときにスティグといっしょにランチを食べたという俳優ルパート・ペンリー・ジョーンズが、「食事のときもヘルメットをとらなかった。バイザーの下から食べ物を口に運んでいた」と証言している。
  また、フィッシュパイを食べているスティグを目撃したという情報もあり、「フィッシュパイが好きか、嫌いか?」もスティグハントの重要な要素になっている。ヘルメットの下は、有名レーシングドライバーとかスタントドライバーの名前が多数あがっているが、正体は謎のまま…。